W210 タペットカバーからのオイル漏れオイル

ベンツのV6エンジンのオイルリーク修理です。

エアクリーナーケースの上部、インテークホース、エンジンカバーを外し、
プラグコードとコイルを外します。ツインスパークなので作業の中では私はこれが一番面倒です^^;
画像は右バンクタペットカバーが外れた状態。
これが左バンク。作業は右と同じです。

外れたタペットカバー。
このエンジンはタペットカバーガスケット自体の漏れよりもブローバイカバー(タペットカバーの上についている小さなカバー)からの
オイル漏れの方が多いです。その代わり、タペットカバーガスケットから漏れている車両は凄い漏れ方の方が多いです。
見えないために、ひどくなって煙が出たり匂いがしたりして修理へ出す場合が多いからです。

これがブローバイホースが繋がるブローバイカバーのガスケット付近。
指でさしている部分からの漏れが多いのですが、ここのガスケットは液体ガスケットで新車の状態から非常に適当なガスケットの塗り方で
取りつけられているので数年で漏れて当然です(笑)
外して洗浄後、綺麗に脱脂して液体ガスケットを均等かつテンコモリ(笑)で再修理すればOKです。


ウェブオート号のページに戻る場合は↓をクリック!!




薄毛に悩むすべての方に見ていただきたいサイト。
私もそうだったのですがAGAであれば治ります。